京都橘ツアー

9月1日・2日に開催されました然る橘の会の京都ツアーに参加させていただきました。
タチバナに所縁のある京都の寺社をめぐりながら、タチバナの歴史的価値について識者の方の講演を拝聴させていただきました。

松尾大社からスタートし橘を神紋とする梅宮大社で正式参拝、やまと舞の皆さんによる舞を奉納。大変、趣のある美しい舞でした。
その後、美しい神苑に移動し、梅宮大社の祭神である木花咲耶姫命【このはなのさくやひめのみこと】にちなみ名付けられた咲耶池の建屋での講演。農研機構の清水先生や千總文化研究所の所長、加藤さんによる貴重なタチバナのお話を聞くことができました。その後の懇親会でも、全国のタチバナについて精力的に活動されている皆さんと親睦を深めることができたことは本当にうれしい経験でした。

二日目は西院春日神社の方のご厚意で、古いタチバナの実や根など貴重な家宝の数々を見せていただき、千總ギャラリーへ。
タチバナを社印としている株式会社千總さんの眩い製品や着物コレクションを見学。その後、京都御所へ。

右近の橘を前に記念撮影をしてツアーは終了。素晴らしい二日間でした。関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

事務局 奥田